時代にとって人の平均寿命は変化してきた

大きな理由としてはやはり内戦等が存在しないということになってくるのかもしれませんが、医療の発達や薬の存在ということもあるようなので、一概に断定してくことは難しいですね。

平均寿命が医療の発達によりぐんぐんと伸びていく傾向

例えば江戸時代なんかだと平均寿命が50歳あたりということになっていたようなので、何も昔から長寿を誇っていたというわけではありません。今の時代は長生きすることが可能なだけです。

せっかくならばたくさん生きてみた方が色々なことを知ることができるようになるはずですから、実践していきたいところではありますが、毎日の暮らしにも気を遣わなくてはいけません。
生活習慣が乱れきってしまっているようならば、90歳まで生きるということは不可能になってしまうはずですし、若い時は平気でも中年になってくると苦しめられることになるでしょう。

ある程度年齢を重ねてきたな・・・。ということを実感できるようになったのならば、まずは健康的になるべく様々なことを試していくことが重要になってくるので試していってください。
これまでは肉ばかり食べていたけれども、野菜中心の生活に切り替えていったり、煙草の本数を減らしていったりすることで結果的に寿命を延ばしていくことができるはずです。

長寿になる努力を放棄しない定年の時間

長生きできたとしてもやりたいことはない。ということを考えてしまっていると長寿になるための努力を放棄してしまいがちなので、老後だとしても楽しいことはたくさんあると思いましょう。

何よりも定年を迎えてからは自分の時間が急激に増えることになるので、何も準備をしていないというのならば、持て余してしまって毎日暇つぶしを探すのにも大変だということになります。
予め趣味を作っておくことによって退屈から逃れることもできるはずですし、何よりも大事なのは自分は何をしたいのかということをしっかりと把握しておくということになるでしょう。

少子高齢化が叫ばれている時代にはなってしまっていますが、だからといって早死にしたい・・・。なんていうことを願っている人たちは少ないと思われます。どうせならば長生きしてください。

自分の家の血を絶やさないということも重要になりますし、どうせならば最後は笑って死んでいくためにも残された人生を満足のいくものに変えていくことは必須になるでしょう。