家に引きこもっていると寿命が短くなる

ずっと家に閉じこもっているということは運動不足になってしまって、結果的には寿命が短くなるということも予想されてしまうので、できれば外に出ることを習慣化してください。

定期的に筋肉を少しずつ使用していく

完全に一人だけで自己完結できる仕事ということになったら出勤をするということがなくなるかもしれませんが、やはり多少は外出をすることによって健康が維持されていくことになります。
出社したとしても結局は一日中座り仕事の人も多いじゃないか。ということを考えてしまうかもしれませんが、例えば駅まで歩いたり、電車で座れなくて立ったりということがあるでしょう。
些細なことに思われることであったとしても毎日のように行っていくことによって、筋肉を少しずつ使用していくことになっているので、肉体的には全く使用していないということはありません。

なので、在宅ワークがメインになっているというのならば早めに仕事を切り上げられるようにして、毎日のようにランニング等の運動をしていくことが求められてくると言えるでしょう。
ついつい夜型の生活になってしまっていると、どうしても面倒くさくなってしまうかもしれませんが、このままでは老後に寝たきりになってしまうことも予想されてしまうので頑張ってください。

健康的な肉体を作る軽めのウォーキングやランニング

ちょっと近所のスーパーまで買い物に出かけたから外出をしたことになる!ということで自分自身を誤魔化してしまうこともあるかもしれませんが、健康を維持するためには不十分です。
やはり最低でも30分程度はウォーキングやランニングをしたりすることによって健康的な肉体を作っていくことが可能になるはずですから、ひとまず試してみることにしてみましょう。
いきなり長時間の運動を行ってしまうと、あっという間に筋肉痛になってしまって長続きさせる気持ちが消え失せてしまうことになってしまうので、最初は適度なところで満足してください。

外出の機会で心晴れやかな日々を過ごす

一年のうち殆どを屋内で過ごすということになってしまったら、精神的にも落ち込みやすくなってしまうことが予想されるので、月に一回は友達と外出したりする予定を作っていきましょう。
時には仲の良い人たちと大騒ぎをしていくことによって、心晴れやかに過ごすことだって可能になるはずですから、きちんと内面的なケアについても考えていくことが求められてくるはずです。