喫煙習慣がある人は早死にしてしまうでしょう

完全に依存してしまっているというのならば、なかなか手放す事が難しくなってしまうかもしれませんけれども、寿命を長くしていきたいと思っているのならば禁煙が避けられないでしょう。

煙草を吸うこそがストレスを溜める要因となる

最初に煙草を吸う切っかけになったことは何かは人によって異なってくるのですが、理由はどうあれ健康に良いと思っている人というのは殆どいないことになります。色々なリスクがあるでしょう。
やはり周囲の人たちからも嫌がられることもありますし、できれば禁煙したいと思っているのだけれども、なかなか成功させることができない・・・。という人だってたくさんいるかもしれません。

そもそもストレス発散として喫煙をしているのだとしても、長生きしたいと思っているのならば明らかに逆効果であるはずなので、早い段階から手を切らなければ後悔することになります。

肺がんを発症する可能性もどんどん高くなってきてしまいますし、ヘビースモーカーであればあるほどに危険性は高まってきてしまいます。下手をすると老後のお先真っ暗ということにもなるでしょう。
若い時から吸っていたというのならば、節煙をするのも難しいことになってしまうかもしれませんが、勇気を出してスッパリと止めることによって健康を取り戻すことができるはずです。

喫煙スペースがなくなることで禁煙に近づくことができる

長寿になりたいというのならばまず第一に意識していかなくてはならないのが、健康ということになりますが、喫煙することによって不健康になるということは周知の事実になりますよね。
煙草を吸いながらも老後の生活に思いを馳せたとしても実現できるのかどうかが甚だ怪しいものになってしまいますし、プランを実行させるためにもまずは禁煙が重要になるでしょう。

いきなり止めるのは厳しいというのならば、段々と量を減らしていくことから始めるのもいいかもしれませんから、ひとまずは一月の消費量を半分にするくらいから考えていってください。

一昔前までは駅のホームでも煙草を吸うことができたものですが、最近ではどんどん喫煙スペースがなくなっているので、将来的には公衆灰皿というのもなくなることが予想されます。

煙草が吸えなくてイライラしてしまう!という状況になってしまうと本末転倒だと言うことができるので、そのような状況になる前に完全に禁煙することを目指していきましょう。